ネイルサロン、ジェルの取り方で手荒れを防ごう♪

2020/02/02 当サロンの特殊技術について

こんにちは♪

大人女性の通う

住道 ネイル&エステサロン ビジュー ですbroken heart

 

今日はネイルサロンで手荒れを防ごう♪

というテーマでお話させていただきます!(^^)!

ジェルネイルを除去するときに、

溶剤を浸したコットンをアルミホイルで巻くのが

一般的なのですが、

この時浸すのに、使っている溶剤=アセトン

アセトンは毒性検査では、問題を引き起こす可能性が低いことが明らかになっていますが、車の塗装を剥がしたり、道路標識の表示を消すのに使われているほどの強力な薬品で、プラスチックも溶けてしまうんです涙

さらに、強い脱脂がある為、すごく乾燥してしまいます涙

 

この写真はアセトンオフ後のお写真ですが、

自分のお爪がこんな状態になっているの

見たことありませんか?

お爪はもちろん、爪周りの皮膚までとても乾燥しています。。

●手荒れされる方や、

●お肌が弱い方、

●アレルギーをお持ちの方

はもちろんこれらのトラブルを引き起こさない為にも、

事前対応として避けていただきたい溶剤です。。

 

 

そして、この状態から、ジェル塗布する場合、

サンディング(ジェルの定着を良くするために自爪に傷をつける)

をしてジェルを塗っていきます。。

 

サンディング→ジェル塗布を

ネイルサロンで何度も何度も繰り返すと

お爪はどうなってきますか???涙

 

薄くなりますねがーん

 

薄くなり、乾燥したお爪はだんだん内側に巻いてきて

 

●先端、や横から浮きやすくなる

●浮いてしまうと触りたくなって剥がしてしまう

 

するとより、薄くなる。。。。。の悪循環が起こります

当サロンは、この溶剤を使わない特殊な方法で

ジェルの除去を行っております♪

アセトンオフで、かんそうしまったお爪です。。。